牧野義夫は、
上水内郡三水村(現飯綱町)の大きなリンゴ園、5人兄弟の末っ子に生まれた。

父は1歳の時に亡くなった。
りんご作りは、やたら人手を食うもので、6月の袋かけは猫の手も借りたいほど忙しい。
兄の影響で走ることに興味を持っていたが、高校進学はあきらめていた。
兄たちは、末っ子の義夫に夢をたくした。
せめて、お前くらいは高校に行って勉強し、走ってみろ、と。

そうして進んだ長野中央高校・陸上部で頑張り、主将まで務めた。
インターハイとか国体といった特別の実績を残すことはできなかったが、
それでも、二つだけ、小さな嬉しい思い出を作ることができた。
一つは、県の新人戦の駅伝で、区間記録を作ったこと。
それまで母校は、長距離が振るわなかったのだ。
もう一つは、2年生の3月、
信毎マラソン(信濃毎日新聞主催)に初めて設けられた高校生10qで優勝、
その時は、家族全員が応援にきてくれた。

高校を卒業すると同時に、神奈川県のいすゞ自動車に就職した。
次兄が勤めていた会社、陸上部には丸1年入らなかった。
そっと大会を見に行き、自分とのレベルの差を知ったのだった。
が、社内運動会で健脚が露見、陸上部に入り、再び走り始めた。

練習は戸塚のアパートから藤沢の会社まで、毎日、約10qの通勤ラン。
朝5時半に家を出る。兄とバス停で別れ、走り出す。
昼休みも休日も走った。
人がやらないこと、苦しいことを求めた。きっといつか役に立つ、と。

やがて、神奈川県の強化選手に選ばれ、
二交替制という不規則な職場から同和電気に移り、たった一人で陸上部を作った。
ふるさとを離れて3年め、東京―新潟駅伝・神奈川県代表に選ばれ、
5年め、あこがれの青森―東京駅伝の代表にも選ばれた。

誇らしかった、誰よりも兄達に知らせたかった、が、同時に限界も感じた。
箱根で行われた代表選手合同合宿、練習について行けなかった。
自分のとりえは、一生懸命練習することだけ。
同じ力量の選手は他にもいる、練習熱心を買われての代表入りだった。
結婚を機に、郷里に帰ることにした。
富士通長野に転職、そこで再び、陸上部を作った。

・・・ その頃 ・・・

国鉄・信濃大町駅、臨時職員、
何の希望もないまま走り続けていた無名の若者、中山竹通がいた。
彼の高校時代の恩師が、面倒見てやってほしいと牧野に連絡してきた。
監督として引き受けた。

中山は、すぐに頭角を現し、富士通長野のエースになった。
「当時、私が教えられることにも、長野県という環境にも、限界がありました。
大切なことは、選手本人の才能を、最大限伸ばすこと。
そのために、できるかぎりのことをする、それが私の使命です。」

中山の将来性を見抜き、さらに伸ばしたい、と、ダイエーに送りだした。
会社に咎められたら、自身も辞めるつもりだった。
中山はその後、瀬古利彦、宋兄弟らと争う日本のトップランナーに成長、
福岡国際マラソン優勝、ソウル五輪4位、東京国際・優勝、バルセロナ五輪4位
輝かしい成績を残した。

名伯楽・牧野義夫は今、

NPO信濃町スポーツ企画サービス理事長として、選手育成に力を注ぎ、
さらに、陸上競技を通じての地域活性化に、日夜、奔走している。

『マラソンランナーとその伴走者たち・夢を紡ぐ人々』(武田薫著から抜粋)